2018年7月19日木曜日

ニンテンドースイッチ RetroArchエミュレータ専用OSであるlakkaを起動し、色々なハードのゲームを起動する方法(fat32形式のsdカードに直接インストール可)

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html


こちらではニンテンドースイッチでRetroArchエミュレータ専用OSであるlakkaを起動し、色々なハードのゲームを起動する方法を紹介します
現在は音がせず、なかには途中でフリーズするものやメニューが正しく表示されないものもあります
3DS,Wii,GCNDS,N64,GB,GBC,GBA,NES,SNES,PS1,PSP,Dreamcast,Sega Saturn等、様々なゲームが起動するようです
※sdカードの種類によっては起動しない場合もあるようなので注意してください
sdカードはfat32のものが使え、メインで使うもの併用できますが二つ用意して使い分けておいた方がよいと思われます

compatibility list
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1criEgfpKh8ZFaXJ3ZtM3nJdtjaNpd-ERGEVIZVt3_dE/edit#gid=1132066157
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1sRAiKCYzCRYS9ARM8D-XeL5jbXGSlJg1S7DVXQnBc_4/edit#gid=0

FAQ
https://lakka-switch.github.io/documentation/faq.html

起動に必要なbiosと保存場所(基本的にはlakka/storage/systemフォルダの中にいれるようです)
http://www.lakka.tv/doc/BIOSes/

日本語wiki
https://wikiwiki.jp/emula/LAKKA

従来のイメージファイルをsdカードの直接書き込む方法とは違い、fat32形式でフォーマットしたsdカードに直接インストールできるようになったためこの方法の方が簡単だと思われます
バージョンアップもイメージ形式ではなくなったため簡単に行えると思います
RetroArchエミュレータ専用OSであるlakkaを起動し、色々なハードのゲームを起動する方法(イメージファイル版)
https://yyoossk.blogspot.com/2018/05/retroarchoslakkan64gbgbcgbanessnesps1ps.html




coreを追加する方法とlakka用のcore
https://yyoossk.blogspot.com/2018/07/retroarchoslakkacorelakkacore.html


bluetooth機器とペアリングする方法
https://yyoossk.blogspot.com/2018/10/retroarchoslakkabluetooth.html
wifiを介して直接sdカードにアクセスする方法
https://yyoossk.blogspot.com/2018/10/retroarchoslakkawifisd.html


※本体をrcmモードで起動して改造する方法での注意
https://yyoossk.blogspot.jp/2018/05/rcm_12.html

必要なもの
type cのusbケーブル
4gb以上のmicrosdカード
本体をrcmモードで起動できる環境


まず下記リンクを参考にスイッチをrcmモードで起動できるように準備する必要があります

ジョイコンを改造してRCMモードを起動する方法
https://yyoossk.blogspot.jp/2018/05/rcm.html
[SWITCH] RCMモードで起動してfusee-launcherでペイロードを実行するまで
http://cmd0725.blog.fc2.com/blog-entry-2110.html
[Switch] RCMモード起動までをやってみる。5.0.2までの全FW対応。
https://re-doing.com/archives/5414

又はジグツールを使用する
http://www.ndshop.jp/nintendo-switch/971--switch-rcmclip.html


下記リンクよりlakkaをダウンロード&解凍
https://lakka-switch.github.io/documentation/archives.html
下の方にあるaarch64 buildsの方にはwiiと3dsのコアが含まれています

ソース
https://lakka-switch.github.io/documentation/installation.html


microsdカードをfat32でフォーマットし、解凍したフォルダの中にあるbootフォルダと、lakkaフォルダの二つをコピー


書き込んだmicrosdをスイッチ本体に挿入

スイッチ本体をrcmモードで起動
※ジョイコンを改造してrcmモードを起動される方は、rcmモードが起動した後にすぐにジョイコンを本体から外さなければ正常にlinuxが起動しない可能性があります
rcmモードで起動した本体をpcに読み込ませる方法は下記リンクの
●TegraRcmSmashでペイロードを送信して実行するまで
の項目を行っておく必要があります
[SWITCH] RCMモードで起動してfusee-launcherでペイロードを実行するまで
http://cmd0725.blog.fc2.com/blog-entry-2110.html


・hekate経由で起動する方法
https://yyoossk.blogspot.com/2018/08/retroarchoslakkahekate.html


・Android端末からペイロードを送信する方法(Rekado)
こちらはファイルを用意することなく、しかも他のpayloadにも切り替えができるのでお勧めです
https://yyoossk.blogspot.com/2018/07/androidrekado.html
・Android端末からRetroArchエミュレータ専用OSであるlakkaを起動するペイロードを送信する方法(switch_linux_launcher)
https://yyoossk.blogspot.com/2018/07/androidretroarchoslakkaswitchlinuxlaunc.html

・pcと接続して起動する場合
下記リンクよりlinux起動に必要なファイルをダウンロード&解凍
https://github.com/lakka-switch/boot-scripts/archive/master.zip

type cのusbで本体とPCを接続
初めにダウンロードし解凍したboot-scripts-masterフォルダの中のboot_linux.batを起動させる。
この際にusb接続を外しておかないと処理が進みません
環境の構築が終わるまで待つ。
終わったら電源ボタンを10秒ほど長押しして電源を落とし、もう一度rcmモードで本体を起動しboot_linux.batを起動するとlakkaが起動すると思います
※rcmモードになったらすぐにrcm仕様に改造したジョイコン又はジグツールを外さなければエラーが出ます


・言語設定
Settings→User→Languageで右ボタンで日本語に変更






・バックグラウンドの壁紙&色変更
設定→ユーザーインタフェース→外観
メニューの壁紙で壁紙変更
メニューの色テーマで右ボタンで色を変更



メニューのシェーダーパイプラインで背景を変更できる



・設定保存方法
設定→ユーザーインタフェース→詳細設定を表示をONにする
メインメニュー→設定ファイル→現在の設定を保存を選択




・ゲームの追加方法
電源ボタンを10秒ほど長押しして電源を落とし、sdカードをpcに接続
sdカードのlakka\storage\romsフォルダの中にゲームデータをコピー
又はgbaやps1などフォルダを作り、整理して中に入れる

ゲームソフト吸出し方法まとめ(随時更新)
https://yyoossk.blogspot.jp/2017/11/blog-post_13.html


・ゲームをスキャンし、メニューの中に表示させる
コンテンツをインポート→フォルダをスキャン→<このフォルダをスキャン>を選択

0 件のコメント:

コメントを投稿