2019年2月27日水曜日

RetroArch コア、BIOS、ゲームの追加&起動方法

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html


こちらではRetroArchのコア、BIOS、ゲームの追加&起動方法を紹介します


・コアの追加
コア(core)はエミュレーターそのものです
gbaのコアを追加すればgbaが遊べるようになるといった感じです

ハードによって対応しているコアに差があり、中には個人が単発で改良したものを公開するということもあるのでこちらの追加方法を知っておくと便利だと思います

コア対応表
http://emulation.gametechwiki.com/index.php/Libretro

switchのlakka用のコア配布場所
http://buildbot.libretro.com/nightly/linux/x86_64/latest/

PSクラシック用のコア配布場所
http://www.lakka.tv/doc/BIOSes/
https://classicmodscloud.com/classic_libretro/nightly/classic_armv7_a7/
https://buildbot.libretro.com/nightly/linux/armv7-neon-hf/latest/
n64コア
https://modmyclassic.com/2019/02/08/psc-mupen64-plus-next-core-n64-emulator/
基本的にはretroarch\coresフォルダの中にダウンロードしたコアを追加する形になりますが、ハードによって階層が異なります
switchなら
retroarch/cores

switchのlakkaなら
lakka/storage/cores

PS3なら
hdd0(本体hdd)/game/SSNE100000/USRDIR/cores

PSクラシックなら
bleemsync/opt/retroarch/.config/retroarch/cores

公式のnightly(正式リリースではないが、最新の改良されたもの。但しバグがある可能性はある)
https://buildbot.libretro.com/nightly/
ハードごとに分かれているので目的のディレクトリまでいきコア単体をダウンロード
switchなら
https://buildbot.libretro.com/nightly/nintendo/switch/libnx/latest/
PSクラシックなら
https://buildbot.libretro.com/nightly/linux/armv7-neon-hf/latest/




・BIOSの追加
BIOSはハードウェア環境固有の基本プログラムのデータでハードによって必要なものもある

ps1のbiosは実機よりもむしろpsp又はepspから吸い出したものの方がパフォーマンスがよいとのこと
https://yyoossk.blogspot.com/2017/11/epsp-ps1bios.html

基本的にはretroArch\systemフォルダの中にBIOSを追加する形になりますが、ハードによって階層が異なります
switchなら
retroarch/system

switchのlakkaなら
lakka/storage/system

PS3なら
hdd0(本体hdd)/game/SSNE100000/USRDIR/cores/system

PSクラシックなら
bleemsync/opt/retroarch/system

起動に必要なbios



・ゲームの追加
基本的にはどこに追加しても大丈夫ですが、中には決まった階層よりも下層でないといけないものも稀にあるので注意してください
だいたい保存する機器のルートでもよいのですが、Retroarchから参照するときになかなか見つけにくいことがあります
フォルダ分けは自由で構いませんが下記のようにハードごとがよいと思います
Romsフォルダの中に
gba
ps
n64
など

ゲームソフト吸出し方法まとめ(随時更新)
https://yyoossk.blogspot.jp/2017/11/blog-post_13.html

switchのlakkaのみ
lakka\storage\roms


・Retroarchを起動してディレクトリを設定する
こちらではハードによってメニューが日本語に対応していたりしてなかったりするので念のため日本語版と英語版を紹介します
switch、psクラシックは表示される階層はそのままなのでどこに保存したか覚えていれば簡単です


英語版
ゲームを起動する前に
まずSettings→Directory→FileBrowser→mediaを開いて自分が保存したゲームのデータがあるフォルダを開き<Use this directory>を選択
又はScanDirectory→mediaを開いて自分が保存したゲームのデータがあるフォルダを開き<Use this directory>を選択



日本語版
設定→ディレクトリ→ファイルブラウザー→ゲームが入っているフォルダの階層まで行く→<このフォルダを使用>を選択
又はコンテンツをインポート→フォルダをスキャンでゲームをハードごとにカテゴリ分けし、メニューの中に加えられる
 
 
・ゲームの起動
Main Menu→Load Content又はメニューのゲームのハードごとにカテゴリされている中からゲームのデータを開くとコアの選択画面がでるので当てはまるものを選ぶとゲームが起動されます
ハードによってはLoad Coreで先にコアを読み込んでからゲームを開かなければいけないものもあります 
 
メインメニュー→コンテンツをロード又はメニューのゲームのハードごとにカテゴリされている中からゲームのデータを開くとコアの選択画面がでるので当てはまるものを選ぶとゲームが起動されます
ハードによってはコアをロードで先にコアを読み込んでからゲームを開かなければいけないものもあります

0 件のコメント:

コメントを投稿