2018年10月6日土曜日

ニンテンドースイッチ RetroArchエミュレータ専用OSであるlakkaでbluetooth機器とペアリングする方法

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html


こちらではニンテンドースイッチのRetroArchエミュレータ専用OSであるlakkaでbluetooth機器とペアリングする方法を紹介します
lakkaでは今のところswitch本体のスピーカーに対応していないためbluetooth経由でないと音声が再生されません
こちらの方法でpcを介してlakkaとbluetoothのコントローラーやオーディオ機器を接続することが可能です
しかし一度シャットダウンするともう一度この手順を踏まないといけないため実用性があまりないです

pcとwifiを介してlakkaにアクセスするため、pcを無線機器と直接lanケーブルで接続しておいたほうがいいです
もし無線機器とは別の機器を介して接続しているとうまくいかない場合があります


下記リンクを参考にlakkaを導入してください
RetroArchエミュレータ専用OSであるlakkaを起動し、色々なハードのゲームを起動する方法(fat32形式のsdカードに直接インストール可)
https://yyoossk.blogspot.com/2018/07/retroarchoslakkafat32sd.html


下記リンクよりPuTTYをダウンロードし、インストール
https://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/latest.html


lakkaを起動
設定からLakkaのサービスを開く
 三つの項目を全てONにしておく
 設定からWifiを選び、wifi接続をする
 メインメニューから終了を選び、再起動する
再び設定からWifiを選びオンラインと表示されているか確認

PuTTYを起動
Host Nameの部分にlakkaのメインメニュー→ネットワーク情報で下の段に表示されるインターフェース(wlan0)の横に表示されているipアドレスXXX,XXX,XXX,XXXを打ち込む
Portは22
SSHにチェック
Saved Sassionsに適当な名前を入れてSaveで設定を保存
最後にOpenを開く

下の画像のようにlogin as:と表示されたらrootと打ち込む
すると下の画像のように表示されるのでもう一度rootと打ち込む
打ち込んでも何も表示されないのでそのままエンターを押す
成功したら下の画像のように表示されるはずです
もし下の画像のように何か表示されたらはいかOKをクリック
bluetoothctlと打ち込んでエンター
agent onと打ち込む
scan onと打ち込む
すると下の赤線で引いた部分のように周囲を飛んでいるbluetoothが表示される
pairと打って半角スペースを打ち、目的のアドレスを選択して右クリックを押すと自動的にアドレスがコピーされ貼り付けられる
trustと打って半角スペース
connectと打って半角スペース

これでbluetooth機器と接続されているはずです

0 件のコメント:

コメントを投稿