2018年8月26日日曜日

ニンテンドースイッチ BANとその対策について

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html

BANの種類
・個別のゲームのオンラインのBAN
代表的なのはスプラトゥーン2です
チートやmod、セーブデータを改造してオンラインプレイするとそのゲームだけ繋がらなくなります
・本体BAN
アカウントを変更してもゲームのオンラインプレイとeshopにアクセスできなくなります
こちらはswitchが改造され始めたときに海外で噂があった程度で実際にあったかは不明
・アカウントBAN
アカウントのみのBAN
違う本体でも同じアカウントを使用していればその本体もBANされます
こちらもゲームのオンラインプレイとeshopにアクセスできなくなります
有名なハッカーがこの種類のBANをされたようで一般的には確認されていませんのでよほどのことをしない限りはここまではないかと思います
・ipBAN
こちらもswitchが改造され始めたときに海外で噂があった程度で実際にあったかは不明
同じネットワークに繋いだ本体がBANされるというものです
こちらもよほどの事をしない限りはこの種類のBANはないかと思います

こちらのブログにも大変わかり易く日本語で解説されているのでおすすめです
https://tkgstrator.work/?p=5514


BANされると
・eshopで購入したゲームはeshopに繋げられなくなるため消してしまうと再びダウンロードすることはできない
・アカウント削除しても本体BANなら意味がない
・新しいゲームがしたい場合は今後はパッケージを買うしか方法はない
・eshopに繋げられないためオフライン専用機になる
・ゲームの更新もDLC追加もできなくなる
・eshop限定のゲームや起動するのにeshopに繋がないといけないゲーム(ダークソウル?)などはできなくなる

現在BANされる要因として確定しているのは
・CFWでのeshopにアクセスおよびオンラインでのチート
・バックアップしたゲームをLayeredFSで起動、modを導入してオンラインに繋ぐこと
チートにはセーブデータの改造も含まれているかは今のところはっきりとはしていません
これまでBANされるとeshopにアクセスできないことだけでしたが、ここ最近本体のバージョンの更新とゲームの更新すらエラーが出て行えないという人が出始めたようです
自分はBANされていないので確かめられないので真偽のほどは分かりませんが注意する必要があると思われます


・実際にBANされた人達からの情報
CFWで引っ越し
CFWでゲーム更新
自作nspを入れてネットに繋げた
CFWでNSP起動。 オンラインしないから大丈夫だと思ってたら勝手に全国ハイスコアと同期してエラー落ち 翌日BAN


BANされて本体の更新が塞がれてもChoiDujourNXを使用すればアップデートが可能です
ChoiDujourNX
https://yyoossk.blogspot.com/2018/10/choidujournx.html
ChoiDujourNXを使用してアップデートした場合の注意
https://yyoossk.blogspot.com/2018/12/choidujournx.html
ゲーム要求バージョンリスト
https://yyoossk.blogspot.com/2018/02/blog-post_16.html

確定ではないですがその他にBANされる要因として考えられるのは
・設定から本体を選び、ソフトの自動更新と、エラー情報の送信をOFFにしていない
・cfwでゲームの更新を行う
・証明書が不正なxci(ゲームカードリッジのダンプ形式)を起動している
・自作のnspをインストールしている
等です

自作ソフトなどでcfw固有のエラーログが送信されるとそれを元にbanされる可能性があるとのことで、設定から本体を選び、ソフトの自動更新と、エラー情報の送信を必ずOFFにした方がよさそうです
しかし、SXOSのステルスモードや90DNSの機能でこれらの送信を遮断してくれるようですのでNSPを導入していても大丈夫なようです
ただし普通に本体を起動してしまうともちろんその機能はないためBANされる可能性が高いです
自分は一度sxosやAtmosphereでゲームの更新を誤って行いましたが、今のところbanはされていませんが、こちらも危険な行為だと思われます
ただし、これまでと同じように、ゲームの更新やeshopにアクセスはしない方がよいとのこと
インターネットには安全に繋ぐことができるようです
どうしてもゲームの更新をしたい人は公式のfwで起動するとfuseが焼かれるためhekateのstockで起動してください
ChoiDujourNXを使用してアップデートした場合の注意
https://yyoossk.blogspot.com/2018/12/choidujournx.html


Banされずに安全にゲームソフトの更新をダウンロードするには本体が二台必要ですが下記リンクの方法しかありません
https://yyoossk.blogspot.com/2018/12/blog-post_19.html


証明書が不正なxci(ゲームカードリッジのダンプ形式)を起動しているについては下記リンクを参考にしてください
ゲームカードのバックアップデータである.xciファイルの証明書について
https://yyoossk.blogspot.com/2018/06/xci.html

NSPについては下記リンクを参考に
eショップアプリである.nspファイルについて
https://yyoossk.blogspot.com/2018/08/ensp.html

NSPはeshopから購入しないとインストールできないはずのものなので、xciからnspに変換してインストールしたり、eshopで購入したゲームを違う本体にインストールしていると、購入履歴がないのにnspとして本体にインストールしてあれば明らかにおかしいのでもしこの情報がサーバーになんらかのタイミングで送信されているとすればbanされるリスクは高いです
ですがこちらもステルスモードか90DNSで回避可能です

ですのでbanのリスクが一番低いのは自分が購入したゲームカードの証明書付きのxciのバックアップをステルスモード、又は90DNSで起動することぐらいです

ban対策としては
・設定から本体を選び、ソフトの自動更新と、エラー情報の送信をOFFにする
・cfwでネットワークにアクセスしない(うっかり繋いでしまうことがないように機内モードにしておく)
又は下記リンク先の90DNSを導入しておく
SXOSのステルスモードと同じ機能を無料CFWでも使用できる90DNS紹介
https://yyoossk.blogspot.com/2019/01/sxoscfw90dns.html
こちらはステルスモード搭載のcfwや90DNSなら心配はいらないと思います
・ゲームソフトの更新を極力行わない(どのタイミングでインストールしたゲームの情報等、何が送信されているか不明なため)
もし更新するならcfwを起動せずにhekateからstockを起動して行ったほうがよいと思われますChoiDujourNXを使用してアップデートした場合の注意
https://yyoossk.blogspot.com/2018/12/choidujournx.html

eshopにより安全にアクセスするためにNAND又はEmuNANDをクリーンアップする方法
https://yyoossk.blogspot.com/2019/01/eshopnandemunand.html

より安全にネットワークに接続できるように個人情報を削除
https://yyoossk.blogspot.com/2019/02/incognito.html

こちらはステルスモードや90DNSでもBANのリスクが高い行為だとされています
・cfwでのゲームのオンラインまたはオンラインでのチート行為をしない
・改造したセーブデータでオンラインしない
・バックアップしたゲームをLayeredFSで起動、modを導入して起動しオンラインに繋げない
・署名が不正なxci又はnspで起動したゲームでオンラインに繋げない
・購入履歴のないnspをインストールした本体をネットワークに繋げない(ゲームカードからバックアップしたxciからnspに変換したものや自作のnsp)
・ステルスモード搭載のcfwを使用する

PS系のようにBANされていない本体のNANDのバックアップの一部のファイルからリストアしてBAN回避などの方法はありません
別のBANされていない本体のNANDを書き戻すことも本体がブリックするので不可能です
BAN解除について
https://yyoossk.blogspot.com/2019/03/ban.html

色々とbanされないようにする対策を書いてみましたが、結局のところ極力オンラインに繋げない方がよいということです
banされて本体のバージョンのアップデートやゲームの更新ができなくなるなら、オンラインにするメリットは皆無だと思われます

しかし、自分はバックアップしたxciやnspのゲームの更新を行っても今のところbanはされていませんので全ての対策を守る必要があるかは今のところ不明です

BANされた本体は通常の方法では初期化できないようですが、この方法なら初期化できるようです
初期化しても本体BANなら解除されるわけではないがアカウントBANなら解除されるかもしれません
BANされた本体を初期化する
https://re-doing.com/archives/8582

15 件のコメント:

  1. ここで聞いていいことかわかりませんが、ネット経由で入手したxciやnspファイルは基本的に署名が不正=オンラインは繋げられないという認識であってますか?

    返信削除
    返信
    1. 海賊ネタはタブーですが、オンラインには繋ぐことはできると思いますが、ゲームのオンラインプレイなら証明書が必ず送信されますのでbanの可能性は高いと思います
      ゲームの更新だけなら自分はxciから変換したnspのアップデートをしても無事だったのでbanされるかされないか微妙なところです

      削除
  2. インストールしたnspを遊ぶ時だけオフラインにしていれば問題ないような感じでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. nspはインストールした時点で本体に情報が残るので、その情報がネットに繋いだら行ってしまうので結局は同じ事です

      削除
  3. ステルスモード付きのcfwとはsxosしかないのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 今のところは
      dnsの変更でいけるかもしれません
      https://gbatemp.net/threads/90dns-dns-server-for-blocking-all-nintendo-servers.516234/

      削除
    2. これを設定すればバックアップ起動でオンラインにはいけるのでしょうか?

      削除
    3. これはdnsで任天堂のサーバーに接続しないようにしている感じです
      任天堂のサーバーに接続しないということはオンラインはできないと思います
      そもそもcfwのオンラインはbanのリスクが高いっす

      削除
  4. BANを解除する方法はあるのでしょうか

    返信削除
    返信
    1. 現在はありません
      vitaなどとは違いサーバーに情報が全て保存されているので不可能です
      任天堂に電話で問い合わせて解除してもらったっていう人はいましたが、いいわけしてもなぜbanされたか無効には分かるので難しいでしょうね
      もしかすると将来的にはemunandでコンソールidが変更できるようになれば回避できるかもしれませんが、同じアカウントを使用すると再びbanされる可能性はあります
      banされたアカウントはいくらお金を払ったからといってもう難しいでしょう

      削除
  5. ゲームの更新についてなんですが、本体を通常のfwに戻してソフトを更新することは可能ですか?

    返信削除
    返信
    1. 可能ですがbanの可能性はありますので自己責任で

      削除
    2. やはりそうですよね、ありがとうございます

      削除
  6. 初めまして
    色々と記事を拝見させて頂きましていくつか
    質問がありましたので良ければ教えて頂けますと助かります。

    CFW導入後アイテム数変更などをしたセーブデータをCheckPointでリストアした後にセーブデータを残した状態で初期化&SDフォーマットを行ない現在エラーログ送信と自動更新はオフにしてあるのですが他に何か対策しておくべきことはありそうでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. そこまでされてるならバッチリな気がします
      あとはゲームによりますがオンラインにしないことくらいですかねー

      削除