2018年11月30日金曜日

ニンテンドースイッチ ブリック(故障)した本体の復旧方法(fuseを焼いた本体で古いnandしかない場合も可能)

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html



こちらでは何らかの原因で故障した本体の復旧方法を紹介します

ブリックさせるnspや自作ソフトなどでブリックすることがあります
本体を故障させるnspが出回っている件とその対処法
https://yyoossk.blogspot.com/2018/11/nsp.html

下記リンクのfuseを焼かずにアップデートしている方は古いバージョンのnandでもfuseを焼いていないため正常に本体が起動すると思います
https://yyoossk.blogspot.com/2018/10/choidujournx.html
その場合はhekateを起動してバックアップしたnandを書き戻せば復旧させることができると思います

fuseについて
https://gigazine.net/news/20180427-switch-prevent-downgrade-blowing-fuses/


こちらではChoiDujourNXを使用せず公式の方法でアップデートしてfuseを焼いてしまい、その上バックアップしたnandが古いものしかない状況の方に有効な方法です

hekateはfuseのバイパス機能があるためfuseを焼いていても古いバージョンのnandを書き戻して起動することができます
しかし、それは逆に言えばhekate経由でないと起動することができないということです
それなら古いバージョンのnandを書き戻してhekateを起動し、hbmからChoiDujourNXを起動してオフラインでブリックした時の本体のバージョンをそれ以上のバージョンにアップデートしてHOS(CFWではなく普通の公式のOS)を起動できるように復旧してしまえばいいということです


今までChoiDujourNXを使用せずに公式の方法でアップデートした古いバージョンのnandしかバックアップしていない6.1.0の本体が故障

バックアップしていた古いバージョンのnandをhekate経由で本体に書き戻す
当然fuseを焼いているため普通に起動してもブラックアウトしたまま
hekate経由でcfwを起動してChoiDujourNXを使用して6.1.0、又は6.2.0をインストール
本体が完全に復旧
ただしfuseを焼いてしまっているため今後6.1.0からダウングレードはできなくなる




流れとしては
hekateを起動して過去にダンプしたnandを書き戻す
https://yyoossk.blogspot.com/2018/05/nand.html

hekate経由でcfwを起動
https://yyoossk.blogspot.com/2018/07/cfwatmospherehekate-ctcaer-mod.html

ChoiDujourNXを使用してブリックした時のバージョン、又はそれ以上のバージョンをインストール
https://yyoossk.blogspot.com/2018/10/choidujournx.html

という感じです
ブリックした時よりも前のバージョンはHOSではなくhekate経由でよいのなら起動できますが、HOSを復活させたいならこの方法しか今のところ術がありません

0 件のコメント:

コメントを投稿