2018年11月14日水曜日

ニンテンドースイッチ 本体を故障させるnspが出回っている件とその対処法

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html



現在switch本体を故障させるnspが出回っています
インストールしてしまうと再起不能のようです
nspは必ず公式のリンクを使用してください

今後他のCFWでも実装されてくるかもしれませんが、現在atmosphereではブリックさせるコードからnandを守る機能が搭載されたようです
これによって本体を故障させるnspをインストールしても守られるかどうかは不明ですが、この機能が搭載されたタイミングを見ればおそらく故障させるnsp対策だとは思います
https://gamegaz.com/2018113023985/
ただ、一時期payloadにも故障させるものがあったようなので、それに関してはatmosphereを起動するわけではないので防げないとは思います


対策
ツールを使用してXCI又はNSPファイルが安全なものか確認
https://yyoossk.blogspot.com/2018/12/xcinspswitchsafety.html
https://yyoossk.blogspot.com/2018/12/xcinspswitch-game-checker.html
本体をバージョンアップするたびにnandのバックアップを取りどこか安全なところに保存しておく
nandのバックアップの仕方は下記リンクを参考に
https://yyoossk.blogspot.com/2018/10/hbmautorcmnanddumpnxtoolkit.html
https://yyoossk.blogspot.com/2018/05/nandpcsdmemloader.html
https://yyoossk.blogspot.com/2018/05/nand.html



当たり前ですが故障してからnandをバックアップしても遅いですので、されていない方はすぐに行ってください

本体をバージョンアップするたびにバックアップすることを進める理由としては、公式の方法でアップデートするとダウングレード対策で本体の中にfuseというものがいくつかあり、バージョンアップする度にそれが物理的に焼ききられ、残った数によって起動できるバージョンが限られてくるためです
ダウングレードした際に起動するバージョンのfuseが決められた数より少ない場合に本体自体が起動しなくなってしまいます
ですのでもしバックアップしていたnandが古いものだった場合、本体が起動しません

しかし下記リンクの方法であればfuseを焼いた本体で古いnandしかない場合も復旧させることが可能です
ブリック(故障)した本体の復旧方法
https://yyoossk.blogspot.com/2018/11/fusenand.html

下記リンクのfuseを焼かずにアップデートしている方は古いバージョンのnandでもfuseを焼いていないためその心配はないかもしれません
https://yyoossk.blogspot.com/2018/10/choidujournx.html

fuseについて
https://gigazine.net/news/20180427-switch-prevent-downgrade-blowing-fuses/

しかし以前fuseを焼かずにアップデートしていてもペイロードによっては焼いてしまい、起動しなくなってしまったという事例がありますので、やはりバージョンアップするたびにバックアップしておいたほうが無難な気がします

3dsでも以前同じようなことが日本で起こりました
この事件はチートで暴れていた一般人を騙して知識のある人が故障させるプログラムを作成し、インストールさせて故障させたというような内容です
しかもその故障させるものが広まり第二の被害者が出る始末
どのような事があったにせよ一般人が一般人を裁くなどありえない事です
彼らは正義だとしてそれを行ったようですがその行為自体も犯罪だと思います(本人たちは犯罪ではないと主張してますが…)
しかもそれが広がることを考えて作ったのか怪しいところです

switchでも同じことですが、もしそのnspを入手すれば誰でも他人の本体を故障させることができるので大変危険な状況です
https://yyoossk.blogspot.com/2018/09/3dscia.html

0 件のコメント:

コメントを投稿