2018年5月11日金曜日

ニンテンドースイッチ NANDダンプ&リストアする方法(hekate)

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて

http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html

こちらではhekateを使用したニンテンドースイッチ本体のNANDをダンプ&リストアする方法を紹介します

※注意
sdカードのクラスによってはかなり時間が掛かる場合があります
今のところ一度行ってしまうと終わるまでキャンセルできないようです
かといって途中で電源を落とすと、nandをdumpしているので最悪ブリックの可能性もありえます
以前何の機種かは分かりませんが途中で電源を落とすとブリックするものがありました
それにsdカードに書き込んでいる最中なのでsdカードの破損にもつながります
放置するのもありですが、スリープモードにならないかもしれないので画面焼けにつながる可能性があるため、寝る前に行ったりするのも避けたほうがよいかもしれません
dumpする際は時間のあるときに行ってください
SDカードの容量がNANDのサイズより少なければ不完全なままダンプされるようです!
実際にそれに気がつかずに不完全なNANDファイルをリストアしてブリックさせた方がいるのでNANDのバックアップを行う際には十分な空き容量があるかチェックしてください!
NANDファイルのサイズは約30GBです

心配な方は何回かダンプしてください
不完全なものをリストアしてペイロードが読み込まれず再起不能にもなる場合があるみたいですので何が起きても全て自己責任で!

ダンプされたNANDの容量が31,268,536,320 バイトかプロパティから確認してください!


・必要なもの
type cのusbケーブル
microsdカード(64gb以上推奨)
本体をrcmモードで起動できる環境

下記リンクを参考に本体をRCMモードで起動
https://nintendoswitch-hack-guide.blogspot.com/2019/01/rcm-rcm-rcm-rcm-homercmhomehomehome.html

※本体をrcmモードで起動して改造する方法での注意
https://yyoossk.blogspot.jp/2018/05/rcm_12.html

下記リンクよりhekateをダウンロード&解凍しhekate_ctcaer_バージョン.binのペイロード以外をsdカードのルートに上書きコピー
https://github.com/CTCaer/hekate/releases

下記リンクを参考にhekate_ctcaer_バージョン.binのペイロードを送信
https://nintendoswitch-hack-guide.blogspot.com/2019/01/windows-tegrarcmgui-httpsgithub.html
もしautobootでcfwが自動で起動するように設定しているとメニューが表示されません
その場合はボリュームの-ボタンを押しながら起動すればメニューが表示されるはずです

上の方にあるToolsタブをタップ

NANDダンプ
Backup eMMCをタップ
もしNANDが正確にダンプされるかどうか不安な人は下記リンクを参考にData VerificationをONにしてください
https://yyoossk.blogspot.com/2018/12/hekate.html

eMMC BOOT0&BOOT1とeMMC RAW GPPの両方を行う
SDカードのbackup/本体識別番号フォルダの中にBOOT0 BOOT1 rawnand.bin(FAT32のsdカードでダンプした場合はrawnand.bin.00、rawnand.bin.01、rawnand.bin.02…といった感じで複数ある)というファイルで保存されます
ダンプされたNANDの容量が31,268,536,320 バイトかプロパティから確認してください!


もしこのようなダイアログが表示されたらsdカードの空き容量が少ないということなので、一度OKをタップし、SDカードを抜き、ファイルを削除するなりして空き容量を増やし、再びeMMC RAW GPPをタップすればダンプが続きから再開される

NANDリストア
Restore eMMCをタップ
SDカードのbackup/本体識別番号フォルダの中のファイルをbackup/本体識別番号/restoreフォルダの中に移動
eMMC BOOT0&BOOT1とeMMC RAW GPPの両方を行う

10 件のコメント:

  1. BANされたswitchにBANされてないswitchのNANDをリストアしたらどうなりますか?
    また、その2つのswitchで、オンラインに同時接続したら両方ともBANはされますか?

    返信削除
    返信
    1. 今までのハードだとそれをやるとブリックします
      switchでも同じではないかと
      banされた本体を復活させるのはemunandくらいしか方法ないのではないかと思います
      とはいえsxosのemunandが本体固有キーを書き換えてるかどうかは不明なので、banされた本体で突破できるか不明です

      削除
    2. 本体banとipbanと垢banがあるようです
      本体banなら他の本体では大丈夫なようですが、ipbanなら他の本体も巻き添えくらいます
      今まで、何をやったらipbanになったのかや何を基準にしてbanの種類を変えているのか不明です
      早い話、何をするのもban覚悟でやった方がよさそうです

      削除
  2. コメント失礼致します。
    こちらの記事をもとにNANDバックアップを取らせて頂いたのですが、その際にSDの容量が足らなかったみたいで.binが26gbのところまでしかバックアップできていませんでした。それに気づかずレストアをeMMCBOOT0/1を行い、その次を行おうとしましたらエラーが返ってきました。そして本体の電源を切って再度挑戦しようと考えておりましたが、電源を長押ししてもうんともすんとも言わなくなってしまいました。RCMモードに入れてhakateを起動させることもできないのですが、ブリックしてしまったのでしょうか?復旧方法をご存知ありましたらご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. hekateが起動しないならやばいですね
      ハードmodでnand書き戻せばよいのかもしれませんが、nandのバックアップもないのならやばいかもしれません
      本当にペイロード読み込みませんか?

      削除
    2. ご回答ありがとうございます。
      やはりペイロードは読めない様です。試したこととしましては、

      電源ボタンを12秒以上長押しして起動していないことを確認→RCMモードに入れようと試みる→androidタブレット端末からペイロードを送る(KOSMOS12.1.2)→全くの無反応。
      以上です。

      おそらく間違えてSYSNANDを公式の方法でupdateしてしまい(8.0.0→8.1.0)8,0.0のNANDを使用しようとしたことが原因かもしくはBOOTしかレストアしなかったことが原因かと思います。

      素直に新しく未対策基盤のものを購入しようと思います。
      ありがとうございました。

      削除
    3. autorcm入れたりしてます?
      それなら充電して放置してください
      低いバージョンの入れただけなら壊れるはずはありません
      それは修復できるはずです
      そうでなければペイロード読めないなら完全に壊れてます

      削除

    4. もしかして読み込めないと言っているのがhekateならちょうど今まだ8.10には対応してないです
      公式のatmoの最新を入れてみてください

      削除
    5. autorcmは入れておりません。そちらの記事も拝見しまして、充電して放置もしてみましたが効果が見られませんでした。
      表現に語弊があったかもしれませんので、修正させてください。
      ペイロードを読まないと言うよりも、電源が入らないと言うほうが正しいかもしれません。PCに繋いでもデバイスマネージャーも無反応で、充電されているかもよくわからない状態です。ですので、RCMモードに入れようとするのですが、電源がそもそも入らないので、RCMモードにも入っていないような気がします。
      一様atmosphere-0.9.1も試してみましたが、やはり読み込むに至りませんでした。

      ほかの端末でブリックしたことがないのでどういったものかわかりませんが、通常ブリックした端末は電源が入らずとも復旧可能なのでしょうか?

      削除
    6. AutoRCM入れてない状態でそれならやばいっすねー
      電源はやっぱ入らないとだめですね
      一応今から充電したままにしてまた明日、PCと接続して反応がないか確認してみてください
      それでだめならやっぱり完全に故障したかもですね
      nandのリストア失敗だけでそんなことになるとは
      switchおそロシア

      削除