2018年12月3日月曜日

ニンテンドースイッチ 対策機についてと未対策機を購入するための目安

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html



こちらではニンテンドースイッチの対策機についてまとめていきます


現在スイッチの改造は基盤自体を物理的に改良しないと対策不可能と言われているfusée geléeというexploitを利用しています
そのexploitを対策したMarikoと呼ばれるチップを搭載した本体が対策機というわけです
https://gamegaz.com/2018071122862/
https://japanese.engadget.com/2018/07/12/switch/

これは2018年7月あたりから話題になりましたがいつから投入されたかはっきりとは分かっていません
この対策機はバージョン5.0.0から対応しているらしいですが出荷時は4.1.0だったらしいです

スイッチは人気で市場では品薄が続いているためすでに対策機ばかりで新品の未対策機はほとんど残っていないと思います

・新品を購入したい場合
入荷日が2018年7月よりも前のものを店に確認して購入する
フリマアプリなどで出品者に問い合わせながら2018年7月よりも前に購入された未使用品を探す
2018年7月よりも前に発売された限定版の本体を探す(発売日が古くても中身が対策機に変わっている可能性もあるので注意)
リンク

・中古でもよい場合
店頭で購入する場合はあらかじめ未対策機の製造番号を覚えておき、店員さんに問題がないか動作確認させてくれと頼んで製造番号を見る
フリマアプリなどで出品者に問い合わせながら製造番号を確認させてもらう
できれば文面だけではなく画像で確認したほうがよい


製造番号は箱には書かれておらず本体を見るしかありません
製造番号が書かれている部分
https://support.nintendo.co.jp/app/answers/detail/a_id/35675
対策機、未対策機の製造番号を確認
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1ifBIsbTeTpk-bL1Ul9Z9ORPVX3BNH2pHlGW1Z0g8nvM/edit#gid=0
https://re-doing.com/archives/7577
新品で初期バージョンが4.1.0以降なら対策機の可能性がある

下記リンクを使用すれば簡単に対策機かどうか判別できます
対策機かどうか調べられるSSNC - Switch Serial Number Checker紹介
https://yyoossk.blogspot.com/2018/12/ssnc-switch-serial-number-checker.html

sxosは対策機に対応する予定としていますが、その他のチームもsxosも対策機について何も情報が出てきていないためもしかするとソフトウェア的には難しいのかもしれません

0 件のコメント:

コメントを投稿