2019年1月9日水曜日

SDカード(microSDカードも含む)について

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html

いろいろなハードでsdカード(microSDカードも含む)を使用する機会が増えたのと、質問が増えてきたのでまとめてみました

SDカードには三種類あります
まず自分のSDカードがどれに当てはまるか確認しましょう

普通のsdカード 容量~2GB
SDHC 容量4GB~32GB
SDXC 容量64GB~

次に問題となるのがフォーマット形式
種類によってファイルのサイズ上限が決まっていたりする
ファイルサイズの上限とはsdカードの中に保存したいファイルの容量がどのくらいの大きさまでならよいか
改造の中にはフォーマット形式の指定があるので注意すること

FAT(FAT16) ファイルのサイズ上限 2GB
FAT32 ファイルのサイズ上限 4GB
exFAT ファイルのサイズ上限 なし
NTFS ファイルのサイズ上限 なし

フォーマット形式の確認方法(下記リンクはHDDの確認方法だがSDカードでも同じ)
https://www.iodata.jp/support/advice/hdd/youryou.htm

質問で4GB以上のファイルをコピーできないというのが多いですがこれが原因です
ハードによってはFAT32でないといけないが4GB以上のファイルを扱いたいという場合が出てきます
その場合はそのファイルを分割する専用のソフトがあるはずですので探してみてください

ハードによってはSDHC又はSDXCをFAT32で使用する場合があります
その場合下記リンクのように普通にPCの機能でフォーマットしようとしてもSDHC又はSDXCではFAT32の項目が出てきません
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=016481
その場合はフォーマット専用のフリーソフトウェアをpcにインストールしてフォーマットしましょう
https://www.partitionguru.com/
https://tabkul.com/?p=9150
SDHC又はSDXCは普通はexFATで使用するものなので無理やりFAT32でフォーマットすると故障する可能性もあるので何が起きても自己責任で

このページを見ている方はすでにSDカードを購入していると思いますので遅いとは思いますが、使用していて何か不具合が起きた場合は故障だけでなく、sdカードそのものが偽物の可能性もあります
https://fujp.net/sandiskmicrosdxc128gbhikaku
https://japanese.engadget.com/2015/11/26/microsd/

家電量販店で直接買うものは偽物の可能性は無いとは思いますが、家電量販店よりも安く購入できる通販は偽物が多いので注意してください
通販で購入する場合は、その販売者の評価やレビューの数、購入者の人数などよく確認してください
大手のamazonや楽天などでも個人で出展したり、海外の代理店などがあるので偽物が紛れ込んでいる可能性があります

容量の割には値段が安いものを購入する場合は要注意です


本物でも改造によってはsdカードのメーカーによって不具合があるものもありました
一番安定していて大手の中でも価格が比較的安く高パフォーマンスなsundiscがお勧めです
これまで様々なハードの改造で使用してきましたが一番問題のなかったメーカーです

今の時代このようなケースは少ないかもしれませんが、sdxcなどに対応していないカードリーダーでsdカードに書き込みができなかったり、sdカードにロックが掛かっていたりしてないかも注意してください

0 件のコメント:

コメントを投稿