2019年1月14日月曜日

PSクラシック 簡単にBleemSyncにゲーム(タイトル)を追加できるpbPSCReAlpha紹介

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html


PSクラシックで簡単にBleemSyncにゲーム(タイトル)を追加できるpbPSCReAlphaを紹介します


本体を改造する際の注意
https://yyoossk.blogspot.com/2019/02/ps.html



こちらは下記リンクのものとは違い、フラッシュメモリにBleemSyncを導入した状態からスタートします
下記リンクでダウンロードするBleemSyncはデフォルトでカスタムテーマとretroarchに対応しているのでおすすめですが、それを使用するならはじめからそちらのツールを使用したほうが早いかもしれません
https://yyoossk.blogspot.com/2019/01/psbleemsyncps-classic-mini.html
しかしUIがhakchiみたいでいいですね


下記リンクを参考にBleemSyncを導入
https://yyoossk.blogspot.com/2018/12/psbleemsync.html
https://yyoossk.blogspot.com/2019/01/psbleemsyncps-classic-mini.html

下記リンクよりpbPSCReAlphaをダウンロード&解凍し起動
https://github.com/pascl/pbPSCReAlpha/releases
Browseでフラッシュメモリの中のGamesフォルダを指定しRefreshをクリック
Edit Game iniをクリック
Titleにはゲーム名
Discにはそのゲームのタイトルidを入れる
タイトルidリスト
https://psxdatacenter.com/ntsc-j_list.html
Publisherにはメーカー
Playersには最大プレイ人数
Yearはそのゲームが発売された西暦
Loadをクリックすれば元からあるGame iniを取り込むことができる
SaveでGame iniを保存
Add filesでGame ini、カバー画像、ゲームのデータを開く
タイトルid.binとタイトルid.cueの二つのセットで
マルチディスクにも対応
カバー画像はEdit Imageで対応する画像に変換できる
マルチディスクはタイトルidの間をコンマで区切る


Edit Imageを開く
Loadでカバー画像を開きSaveで読み込めるように自動で変換し保存

0 件のコメント:

コメントを投稿