2018年12月13日木曜日

PSクラシック カスタムテーマ作成方法壁紙変更編(Playstation-Classic-Theme-Support)

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html


こちらではPSクラシックのカスタムテーマ作成方法(壁紙編)を紹介します

こちらの方法では本体に書き込むことなく安全にカスタムテーマを導入することが可能です
usbを抜けばもとの状態に戻ります
しかし、動画のように他のゲームを追加するものとは併用できません

追記
無理やりですが併用できました
ゲーム(タイトル)を追加するBleemSyncにカスタムテーマmodを追加する方法
https://yyoossk.blogspot.com/2018/12/psbleemsyncmod.html

まず使用していないフラッシュメモリをfat32でボリュームラベルを半角大文字でSONYに変更してフォーマットしてください
メーカーによって上手くいかないといった報告があがっているようなのでその場合は別のものを使用してみてください
起動できないフラッシュメモリがありましたが、電源供給サポートのケーブルを間にいれたら使えました
どうやらsdカードも読み込めるみたいです
コンピューターからフラッシュメモリを右クリックでフォーマットを選び下の画像のようにしてください

下記リンクよりPlaystation-Classic-Theme-Supportをダウンロード&解凍
https://github.com/rubixcube6/Playstation-Classic-Theme-Support/archive/master.zip

Playstation-Classic-Theme-Support-master\theme\images\GRフォルダの中のJP_US_BG.pngを入れ替えるだけです
1280x720のPNG形式

あとはフラッシュメモリに028c18a9-ec4b-4632-b2cf-d4e20f252e8fとlolhackとthemeの三つのフォルダを入れる
psクラシックの電源コードを一度抜いて、2Pのusbにフラッシュメモリを差し込む
電源コードを本体に挿して起動すれば適用されているはずです

0 件のコメント:

コメントを投稿