2018年11月20日火曜日

ニンテンドースイッチ あらかじめダウンロードファイルであるNSXをインストールしてtitlekeyを埋め込み起動する方法

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html


こちらでは自分で予約購入したゲームのあらかじめダウンロードファイルであるNSXをインストールしてtitlekeyを埋め込み起動する方法を紹介します

NSXファイルはNSP形式に変更すればそのままtinfoilなどでインストールすることが可能です
nspを本体にインストールできる自作ソフトTinfoil紹介(バージョンが低い本体でも起動可能にするパッチ機能付き)
https://yyoossk.blogspot.com/2018/07/ensptinfoil.html

※nsxのファイル名はタイトルidが含まれていたりすると正常にインストールできないみたいなので、自分で適当に短い名前にリネームしたほうがよさそうです


pokemon.nsxをpokemon.nspに拡張子をリネームするだけ


チケットのインストールは下記リンクのGoldleafを使用したほうが早いです
https://yyoossk.blogspot.com/2018/12/nspgoldleaf.html



下記リンクよりfreeshopnxをダウンロード&解凍してでてきたswitchフォルダをそのままsdカードにコピー
https://github.com/AnalogMan151/FreeShopNX/releases

switch\FreeShopNXフォルダの中にFreeShopNX.txtファイルを作成して開く
タイトルid|taitlekey|ゲーム名
となるように打ち込む

hbmよりfreeshopnxを起動
 ゲームのタイトルを選びAボタン
 ここでXボタンを押せばタイトルキーのインストールが始まります
インストールが完了したらホームに戻りゲームを起動
もしここでゲームが起動しなければタイトルキーが間違っています

2 件のコメント:

  1. いつもブログの記事を参考に楽しく改造させて頂いています。
    今回この記事を参考にあらかじめダウンロードしたソフトを起動させてみようと思い、NSXファイルをSDカードから探したのですが、見つかりませんでした。
    まだこの記事の方法は有効なのでしょうか?

    返信削除
  2. 自己解決しました。
    大変お騒がせしました。
    これからもブログの更新楽しみにしています!

    返信削除