2018年9月30日日曜日

ニンテンドースイッチ CFW用のカスタムブートロゴを作成できるSplashMakerSwitch紹介

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html


こちらではニンテンドースイッチ用のCFWのカスタムブートロゴを作成できるSplashMakerSwitchを紹介します
カスタムブートロゴ投稿掲示板
https://gbatemp.net/threads/share-your-custom-hekate-bootlogo-thread.513033/


ReiNXやhekate、hekateを介して起動するatmosphereなどのcfwのブートロゴを変更できます

ReiNXのsplash.binの作成、自動で画像を1280x720画像を自動で90度左回転(hekateの仕様)と32bitのビットマップ形式に変換してくれます
また、splash.binや変換したビットマップ形式の画像から逆に元に戻すことも可能です

下記リンクよりSplashMakerSwitchをダウンロード&解凍
https://github.com/ijuintekka/SplashMakerSwitch/releases

Import Imageで画像を読み込む
Import BINでReiNXのカスタムブートロゴを読み込む
Import Hekate BMPでhekateを介して起動するCFWのカスタムブートロゴを読み込む
Save PNGでPNG形式の画像で保存する
Save BINでReiNX用のカスタムブートロゴを作成
Save Hekate BMPでhekateを介して起動するCFW用のカスタムブートロゴを作成

ReiNXのブートロゴの保存場所は
ReiNXフォルダの中のsplash.bin


sdfilesのバージョンによってブートロゴの保存場所は変わることがありますが、現在は
hekate
bootloaderフォルダの中のbootlogo.bmp

atmosphere
modules\atmosphereフォルダの中のatmosphere.bmp

0 件のコメント:

コメントを投稿