2018年8月6日月曜日

ニンテンドースイッチ CFWであるRajNX起動方法(NSP導入可)

こちらの方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html


こちらではニンテンドースイッチのCFWであるRajNXを起動する方法を紹介します


RajNX主な機能は下記リンクを参考に
http://gamegaz.com/2018080523054/

※現在xciをロードすることはできません

まず下記リンクを参考にスイッチをrcmモードで起動できるように準備する必要があります
※本体をrcmモードで起動して改造する方法での注意
https://yyoossk.blogspot.jp/2018/05/rcm_12.html

ジョイコンを改造して取り外しボタンを押してRCMモードを起動する方法 
https://yyoossk.blogspot.com/2018/07/rcm.html
ジョイコンを改造してRCMモードを起動する方法 
https://yyoossk.blogspot.jp/2018/05/rcm.html
[SWITCH] RCMモードで起動してfusee-launcherでペイロードを実行するまで
http://cmd0725.blog.fc2.com/blog-entry-2110.html
[Switch] RCMモード起動までをやってみる。5.0.2までの全FW対応。
https://re-doing.com/archives/5414

又はジグツールを使用する
http://www.ndshop.jp/nintendo-switch/971--switch-rcmclip.html


eショップアプリである.nspを本体にインストールできる自作ソフトTinfoil紹介
https://yyoossk.blogspot.com/2018/07/ensptinfoil.html




下記リンクよりRajNXをダウンロード&解凍

https://switchtools.sshnuke.net
解凍してでてきたREADME.txtファイル以外を全てsdカードのルートにコピー


・PCからペイロードを送信する場合
下記リンクよりTegraRcmSmashをダウンロード&解凍
https://switchtools.sshnuke.net/

スイッチ本体をrcmモードで起動しtype cのusbで本体とPCを接続
rcmモードで起動した本体をpcに読み込ませる方法は下記リンクの
●TegraRcmSmashでペイロードを送信して実行するまで
の項目を行っておく必要があります
[SWITCH] RCMモードで起動してfusee-launcherでペイロードを実行するまで
http://cmd0725.blog.fc2.com/blog-entry-2110.html

ダウンロードし、解凍したTegraRcmSmashフォルダの中のTegraRcmSmash.exeにダウンロードしたReiNX.binを直接ドラッグ&ドロップすると起動するはずです


・Android端末からペイロードを送信する方法
Rekado
https://yyoossk.blogspot.com/2018/07/androidrekado.html
NXLoader
https://yyoossk.blogspot.com/2018/07/androidnxloader.html


・自作USBドングルからペイロードを送信する方法
https://yyoossk.blogspot.com/2018/07/usbtrinket-m0.html



ボリュームの+-で項目を選択
電源ボタンで決定


Launch options…を選択
もしブートロゴをAtmosphereに変更したい場合はCustom boot logoを選択
 Enableを選択
この画面が表示されたら適当に何かボタンを押して戻る
Auto bootを選択
起動したい組み合わせを選択
この画面が表示されたら適当に何かボタンを押して戻る
最初のメニューに戻り、Reboot (RCM)を選択しRCMモードで再起動
もう一度本体とusbで接続し、ペイロードを送信すると自動で起動するはずです

※何も押さずにアルバムを開くとそのままhblが起動
最新のSDFilesではRボタンを押しながらアルバムを開くと公式のアルバムが開きます


自動起動を解除したい場合はペイロードを読み込んだ後にボリュームボタンの-を押しながら起動するとメニューが表示されるので
Auto bootを選択
Disableを選択

0 件のコメント:

コメントを投稿