2018年7月24日火曜日

ニンテンドースイッチ RetroArchエミュレータ専用OSであるlakka上でwiiのメニューを起動する方法

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html



こちらではニンテンドースイッチ本体でRetroArchエミュレータ専用OSであるlakkaを介してwiiのメニューを起動する方法を紹介します


※現在はまだ最適化されていないため若干遅いのと無音で、Homebrew Channelから自作ソフトを読み込むことができてません

まず下記リンクを参考にlakkaでDolphinを起動できる状態にし、適当なgcやwiiのゲームを一度起動して本体の電源を落とし、sdカードをpcに接続
RetroArchエミュレータ専用OSであるlakkaを起動し、色々なハードのゲームを起動する方法(fat32形式のsdカードに直接インストール可)
https://yyoossk.blogspot.com/2018/07/retroarchoslakkafat32sd.html


下記リンクよりpcのwii/gcエミュレータであるDolphinをダウンロード&解凍
https://ja.dolphin-emu.org/download/

下記リンクよりNUS Downloaderをダウンロード&解凍
https://storage.googleapis.com/google-code-archive-downloads/v2/code.google.com/nusdownloader/NUSDownloader_v19.zip

下記リンクよりHomebrew Channelのwadをダウンロード
https://wiidatabase.de/downloads/kanaele/homebrewkanal-open-source-edition/


NUS Downloaderを起動
Database→System→SystemMenu→vk512(4.3j)

Pack WADにチェックを入れ、Start NUS Downloadでダウンロードを開始する

NUSDownloader\titles\0000000100000002\512フォルダの中のRVL-WiiSystemmenu-v512.wadをどこか好きな場所に適当な名前でフォルダを作成し、その中に入れる


※現在は仮想sd自体をswitch側のDolphinのコアが読み込んでくれません
lakka switchの作者に問い合わせたところ、もしその機能がpcのエミュレータが行っているわけではなく、コアだけで行っているなら対応はできるとのこと
pcのエミュを使用すると分かると思いますが、sd.rawはソフトが読込先を設定するので対応できないのではないかと思われます
もし対応することがあれば下記リンクを参考に作成し、マウントを行い、中に自作ソフトなどを入れてください
https://wikiwiki.jp/gcwiiemu/Tips_Virtual_SD_Card

ImDisk Virtual Disk Driverの使い方は下記リンクを参照
https://freesoft.tvbok.com/freesoft/virtual/imdisk_virtual_disk_driver.html

wii用エミュレーター
http://stopthetime0.blog66.fc2.com/blog-entry-19.html


作成したsd.rawファイルはsdカードの中のlakka\storage\savefiles\User\Wiiフォルダの中に上書き保存

pcでDolphinを起動
設定からDolphinの設定

フォルダを選び、追加からシステムメニューのwadを保存したフォルダを選択
Wii NANDルートはsdカードの中のlakka\storage\savefiles\User\Wiiフォルダを選択
SDカードはsdカードの中のlakka\storage\savefiles\User\Wiiフォルダの中にあるsd.rawを選択
閉じるを選び、システムメニューを選択し、開始で一度wiiを起動
センサーバーの位置は上の方が操作がしやすいです
メニューまで設定を終えたら一度閉じてください

ツール→Wiiシステムのアップデート→現在の地域でシステムをアップデート
もう一度システムメニューを起動して確認してください

再び閉じて、ツール→WiiメニューにWADファイルを追加で、最初にダウンロードしたHomebrew Channelのwadや、自分がwiiからダンプしたゲームのwadやvcやカスタムvc、wii用エミュレータのForwarderのwadなどを追加できます
sdカードのlakka\storage\romsフォルダの中に最初にダウンロードしたシステムメニューであるRVL-WiiSystemmenu-v512.wadを入れてswitchでlakkaを起動し、それを読み込めばwiiのシステムメニューが起動するはずです

速度を出すためとタッチ操作できるように設定を弄りましたので画像を参考に
4.1.0ではタッチ操作ができたのですが、なぜか5.1.0ではできなかったのでもしかするとバージョンによってはバラつきがあるかもしれませんので設定は自分で色々弄ってみてください
正式に公開されたらこの辺は修正されるかもしれません





0 件のコメント:

コメントを投稿