2018年7月19日木曜日

ニンテンドースイッチ Android端末からRetroArchエミュレータ専用OSであるlakkaを起動するペイロードを送信する方法(switch_linux_launcher)

こちらの方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html


switch_linux_launcherを用いてニンテンドースイッチ本体へAndroid端末からRetroArchエミュレータ専用OSであるlakkaを起動するペイロードを送信する方法を紹介します

RetroArchエミュレータ専用OSであるlakkaを起動し、色々なハードのゲームを起動する方法(fat32形式のsdカードに直接インストール可)
https://yyoossk.blogspot.com/2018/07/retroarchoslakkafat32sd.html
RetroArchエミュレータ専用OSであるlakkaを起動し、色々なハードのゲームを起動する方法(イメージファイル版)
https://yyoossk.blogspot.com/2018/05/retroarchoslakkan64gbgbcgbanessnesps1ps.html


従来はペイロードを複数読み込まなければならなかったため、usbドングルに書き込むことができずpc必須でしたが、こちらの方法ではAndroid端末からすぐに起動できるため大変便利です
root化の必要はありません
 
下記リンクからswitch_linux_launcheroのapkファイルをダウンロードし、Android端末でインストール
https://github.com/lakka-switch/switch_linux_launcher/releases/
 
下記リンクよりlinux起動に必要なファイルをダウンロード&解凍
https://github.com/lakka-switch/boot-scripts/archive/master.zip
自分のスマホではなぜか接続しただけでは認識されなかったので設定からusb機器を検出で動作しました
http://juggly.cn/archives/175618.html

apkファイルをスマホにインストールする方法
https://rimane-novels.net/install-apk-788/
 
一度起動すると下の画像のようにエラーが表示されると思います
本体の中の
/storage/emulated/0/Android/data/io.mrarm.switchlinuxlauncher.noimx/files/shofel2
フォルダの中に初めにダウンロードして解凍したboot-scripts-master/payloadsフォルダの中にある
cbfs.binとcoreboot.romをコピー
 

switch本体をrcmモードを起動して下記リンクなどのusbケーブルや変換するものを用いてAndroid端末と接続する
USB Type C to USB2.0 Micro USB 変換ケーブル 1m/USB C-2.0 Micro 5P 充電&データケーブル オス-オス   
https://item.rakuten.co.jp/mahsalink/10000159/


又はUSB A→USB microB 接続を購入し、そちらは固定しておき、trinket m0に書き込むためにA-Aタイプのusbケーブルとtyp-cの二つのケーブルをつなぎかえる
 
下の画像のようにswitch_linux_launcher画面にExploit completed successfullyと表示されたらAndroid端末とswitch本体の接続を外す
するとlakkaが起動すると思います

0 件のコメント:

コメントを投稿