2018年5月28日月曜日

PS4 5.0x - 5.07本体で外付けHDDにバックアップPKG化に必要な全てのファイルを自動でダンプし、PKGを作成する方法(All-in-one game dumper)

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて

http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html


PS4本体で外付けHDDにバックアップPKG化に必要な全てのファイルを自動でダンプし、PKGを作成する方法を紹介します


注意!
[PS4] そして事件は起きました。
https://re-doing.com/archives/5900
updateフォルダの中にPS4UPDATE.PUPが存在しなくてもアップデートの準備が完了したメッセージが消えない場合の対処法
https://yyoossk.blogspot.com/2018/06/ps4-updateps4updatepup.html



バックアップpkg化に必要な全てのファイルを外付けHDDに保存するのでftpでダンプする方法とは違い高速で、下の画像のように経過が表示され、バックアップが終わったら、自動で本体をシャットダウンしてくれるので大変分かりやすく、長い時間監視する手間も省けます。
またアップデートをインストールすればそれが適応された状態でバックアップできるようです
起動率もこれまでの方法の中で一番よいと思います
今まで動作しなかったkill zoneが動作するようになりました
※ダウンロード版でもできますが、一度インストールされたものは削除しないといけないのでディスクのゲームをお勧めします
もしダウンロード版で行って、失敗したら取り返しが付かなくなるのでお気をつけください


まず念のため少なくとも100GB空き容量があるexFAT形式でフォーマットされた外付けHDDをPS4に接続してください


次にディスクのゲームならインストールが必要なソフトは終わらせ、メニューまで起動できる状態にしてください
ダウンロード版はその必要はないと思います

ゲームのアップデートをインストールする場合は下記リンクを参考に
※アップデータの中には高いバージョンを要求するものがあるので下記リンクを参考に要求バージョンを確認してからインストールしてください
Package Installerを使ったDRMfreeなPKG(更新パッチなど)インストール方法
ゲームの要求FWや更新パッチの有無等の情報が確認、又は更新パッチのパッケージをダウンロードする方法


下記リンクよりps4-dumper.binとgengp4.exeをダウンロードしてください
https://github.com/xvortex/ps4-dumper/releases

ps4-dumper.binのペイロードを下記リンクを参考にPS4に導入してください
WebKitExploit使用時にペイロードを読み込ませる方法(NetCat GUI)
自分でWebKitExploitをローカルサーバーでホストする方法(ps4-exploit-host)
 ブラウザからハックを可能にするウェブサイトまとめ
 
又は下記リンクを参考にesp8266経由でペイロードを起動する
こちらはツールを購入しないといけませんが、起動率が高く、安定しているので大変おすすめです


ペイロードを導入し終えたらゲームを起動してください


すると冒頭でも紹介したように下の画像のように途中経過が表示されます

ダンプが完了したら自動的にPS4本体がシャットダウンされます

PS4に繋げた外付けHDDをPCに接続し中身を確認するとダンプが正常に完了されていたら下の画像のようにゲームidフォルダとゲームid.completeの二種類のファイルがでてきます
ここまで確認したら本体にインストールしてバックアップを終えたゲームを本体から削除してください
ゲームディスクも抜いてください

ダウンロードしたgengp4.exeを起動し、下の画像を参考にFileからOpenを選び、ゲームidフォルダを指定してください
下の画像を参考にGenerate .GP4をクリック
下の画像のようにログの最後にDone.と表示されたらSave .GP4をクリックして適当な場所に保存してください

すでにダウンロードしている方は不要ですが下記リンクのFake PKG Generator for PS4の中にあるorbis-pub-gen.exeを起動してください
Fake PKG Generator for PS4
http://www.mediafire.com/file/iy3sppp8k8fm1ae/Fake+PKG+Tools_v1.2.rar

起動したら下の画像を参考にOpenから先ほど保存した.GP4ファイルを開いてください

開いたら左上の方にあるBuildのアイコンをクリック

下の画像で赤丸だ囲ったSelectをクリックしpkgを保存する場所を決めたらBuildをクリックするとPKGが作成されます

0 件のコメント:

コメントを投稿